渋谷bunkamuraのマリメッコ展は終わりましたが・・・マリメッコのカーテン事例です。


茨城のインテリアコーディネーター、コンフォートの迫間です^^

言わずとしれた北欧フィンランドのテキスタイルブランド・マリメッコ。
大胆な色使いや柄にも関わらず、日本でのファンも多く、
2/12まで渋谷bunkamuraでマリメッコ展が開催されてました。
その前は、関西でも開催されてて、次は新潟だそうですよ。
東京で見逃した方は、新潟でも見られます(笑)

http://banbi.pref.niigata.lg.jp/exhibition/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B3%E5%B1%95%EF%BC%8D%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%81%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%81%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95/

3/4~6/11だそうです^^

先日、そのマリメッコのユハンヌスタイカという柄の生地を使い、カーテンを納品しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3メーター以上幅のある、大開口でしたから、この大きな柄がとても映えました。

ただ、マリメッコの生地だと、窓に対して生地幅が足りないのと、
周りの木パネルの壁との間にアクセントを入れることで、柄をより映えさせたかったので、
間にネイビー色の無地をはぎ合わせました。

こうすることで、周りの黄色系の壁に対してカーテンがより際立って見えるわけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、吹き抜けの上にもある窓には、操作性からバーチカルブラインドを入れたのですが、
マリメッコの生地に合わせ、カラーミックススタイルにすることで、
つながりを出しました。
その隣に来るバーチカルブラインドは、アイボリー色にして、2階のカーテンと色を合わせました。

オリジナルだからこそできる、オンリーワンのカーテンプランです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2017-02-14 | Posted in お客様事例No Comments » 

関連記事

Comment





Comment