猫を飼う家の工夫あれこれ②~猫対策のカーテン♪


昨年から、お客様で猫を飼っている方が増えているなぁ~~~となんとなく感じてまして。

なんだか、犬より猫を飼う人が増えたというデータもあるようです。

猫対策のインテリアの話なんかも、ちょくちょくでます。

以前、そんな話題のブログも書きました。
猫を飼う家の工夫あれこれ①

で、今回は特にカーテンについて。

猫の個体差はあれど、カーテンやレースがひらひらしてると、思わず登っちゃう子は多いみたいです^^;
うちも、特に若いうちは、よく登られまして、レースが縦に裂けてしまいました^^;

以前のレースは、ポリエステル100%のウォッシャブルタイプのものでした。
自宅で水洗いしても、縮まない皺にならない、というものです。

で、交換したレースは、麻100%のもの。
洗濯は出来ますが、縮みと皺はつきものです。

麻は洗うことで、強度が増す繊維なので、洗っていただいた方が良いのですが、
カーテンの場合、特に掃出し窓だと、床にぴったり作るのがオーダーカーテンの基本。
だって、せっかくオーダーなのに、床より短かかったら残念ですよね。

でも、特に自然素材は、水洗いだけでなく湿気の有無で、多少の伸び縮みがあります。
麻や綿などの、自然素材のカーテンをお作りする場合は、わざと床につくスタイルをおススメしたり、一度水洗いして、ある程度縮ませてから縫製する、という方法をとったりします。

個人的にも好きな麻のカーテンですが、

我が家のニャンズが、駆け登っても・・・破れない!!!

繊維が強い、とは知ってましたが、実際、5キロオーバーのニャンズがぶら下がっても平気なのはビックリでした^^

ちらっと、爪がささった跡は残りますが、糸が切れているわけではないので、生地を横縦に引っ張ると直ります。

写真では、わかりづらいかもしれませんが・・・

爪跡解りますか?

生地をちょこっと引っ張って直しました。

 

 

いわゆるカーテンスタイルでしたら、麻素材はおススメです^^

2018-01-24 | Posted in 窓のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment