で、サファリからのハワイアン(続き)


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうそう、この物件のご説明をしたかったのです(笑)

キーワードは「サファリ」「ハワイアン」「クラシカル」

でも打ち合わせが始まった当初は、まだ「ハワイアン」のキーワードは無かったんです^^;
2階はもっとアメリカンカジュアルでポップなイメージになるはずでした。

新築現場となると、打ち合わせから完成まで1年以上かかることも多く、
「やっぱりこんなイメージで」と希望が変わることもあります。
その時、他のものとの兼ね合いが、綺麗にまとまるか、調整するのもインテリアコーディネーターのお仕事です^^

少しでも、希望のものが、まとまり良く綺麗に使い勝手よく出来上がるのが、
私にとっても嬉しいことなので、気になったことはどんどん言っていただけた方が良いのです。
ただ、現場が始まっている場合は、間に合わない、出来ない、ということもあり得ますし、
現場の職人さんも、出来上がっているのを壊してまで、ということはしたくないので、
そこで、職人さんが気持ちよく仕事してもらえるか、っていうのも、大切なことだったりします。

それで、着工前の打ち合わせでは、ありとあらゆる可能性をお話してお考えいただきます。
そのタイミングで、決められなくても、「こういう可能性があります」と解れば、
「それは、このくらいのタイミングまでに最終決定いただけないと、間に合いません」とお話します。
ただ、お客様の言いなりではなく、リミットやお客様がしていただくべきことも、きっちりお伝えします。

それが、結果的にお客様にとって、良い方向にいくことだからです。

今回のプラン変更のきっかけは、建築途中に、お客様が見つけてこられたシーリングファン!
これが気に入られて、これを入れたい!ということになり、
2階プランは建築中に再度お打合せいただきました。
これも、「シーリングファンは自分で探してみたい」というご希望があったので、
リミットをお伝えしていましたので、現場も混乱せずに済みました。

なんせ輸入物なので、 風量は十分か?重さは?取り付け方法は?といろいろ資料を確認して
ちょうど下地も用意できて、問題なく取り付けられました。

2階はこのシーリングファンをベースに小窓には
サーファーやハワイアンモチーフのナチュラルなレースに、ハワイアンなイメージカラーのストライプのシェード。
大きい窓は、1階とのつながりも考えて、シンプルに縦型ブラインドにしました。

ハワイアンなレースとドレープ http://www.wavesalad.com/

縦型ブラインドはタチカワブラインド http://www.blind.co.jp/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昇り棒があったり、いろいろと主役級のモチーフがあるので、主張しすぎないところはシンプルに・・・

1階の大きな掃出し窓はサファリ柄のカーテンに土っぽくブラウン系のレース。
実は、3人兄弟の元気なお子さんたちがいらっしゃるので、あくまで開け締めしやすくメンテしやすく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1階から2階への階段には「モンステラ」柄の照明を付けました。
ブラケット照明はオーデリックです http://www.odelic.co.jp/
あんまり明るさは期待できないので、階段灯には別にスポットもつけてます^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寝室はご希望のあった「クラシカル」
どうしてもナチュラルなイメージの強いパネル張りの内装材ですが、
照明のアンティーク感と
レースに色を入れ、ドレープを明るくし、アクセントにアイアンのレールに房タッセル。

照明はSANYOW(サンヨウ照明) http://www.sunyow.com/index.html

ドレープ、レースとも五洋インテックス http://www.goyointex.co.jp/

重すぎないクラシカルになるようにしました。
ここにダークウッド系のベッドが入る予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2016-08-30 | Posted in お客様事例, 打ち合わせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment