干渉あるある!カーテン・ブラインドとエアコン・網戸


以前の職場が、カーテン内装専門店だったこともあり、カーテンだけのお仕事を受けることも多いです。

その場合は、もう既に完成寸前の現場も多く、壁紙も貼りあがっていたり。
あとはカーテンだけ、ってところもあります。

そんな段階でご依頼いただく場合、気をつけたいエアコンと網戸。
”干渉あるある”です。

エアコンとの干渉あるある

多いパターンとして、お部屋の角にエアコンスペースがあり、そのすぐ脇が窓という例。
エアコン設置の壁に余裕があれば、問題ないことが多いです。

エアコンもカーテンレールも納まるのが平和です…ね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

が、窓上までエアコンがかかっていたりすると、寸法が必要な装飾レール関係は設置できなくなります。

和室の例:窓上ギリギリまでエアコンが来てしまったパターン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

和室で、ロールスクリーンとかプリーツスクリーンをご希望だったので、まだ良かったのですが。
本当はプリーツを枠内に納めたかった…。が枠内には網戸がくるので、外側にしか設置出来ずにこんな風にギリギリ…。

寝室でカーテン希望ならなるべくコンパクトなレールで納めるしかなくなります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうね、ギリギリですよ、ギリギリ^^;

ただ、現場で打ち合わせの時は、まだエアコンも網戸もついていないことがほとんど。
エアコン用のコンセント見て想定したり、サッシメーカーさんに確認して、縦すべりだし窓だからこんな形の網戸がつくはず…と想定したり。
監督さんに網戸形状確認したり。

見落としがちな例:入隅に窓、そこに直角の関係でエアコンが付く場合。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
レールが入る寸法分、エアコン設置をずらしてもらいました。
本当は、もっと余裕が欲しいのですが、もう既にエアコン配管の穴が開いていたのです~。
エアコン屋さんにギリギリずらしてもらいました^^;

網戸との干渉あるある:縦すべりだしとか横すべりだし窓などで起きる干渉

プリーツ式やロールスクリーン式の網戸は内側に設置することになるので、枠の中にブラインド類はつけられないことが多いのです。

↓ロールスクリーン式網戸のボックスが少々はみ出していたのですが、
外付のロールスクリーンには当たらずに済んだ例

外付のロールスクリーンには当たらずに済んだ例

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロールスクリーン式網戸のボックスが少々はみ出していたのですがなんとかロールスクリーンに当たらずに済みました。
計算していけそうだったので、こうしましたが、ボックスに当たりそうな場合は、ロールスクリーンを逆巻きにする、という手もあります。

(ロールスクリーンの逆巻きって?それはまた後日!)

勝手口なども、透明ガラスにする場合があり、そうすると目隠しにと「レースとカーテンが欲しい」というお客様もいます。

プリーツ式の網戸があると、外側にしかつけられないということになり、ダブルシェードとかロールスクリーンのダブルタイプ(レースも厚手もロールスクリーン)とかプリーツのダブルタイプにするしか納まらなかったりします。
しかし、勝手口にそのコストをかけるのは…というのも考えどころ。

で、最近納品した例としては、

レース(他の部屋で使用した残布利用)をベルクロテープで網戸サッシに貼り付け、外側にシングルのロールスクリーンというパターン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ペロッとはがして洗濯も出来ます♪

計画段階からコーディネーターが入るのがベスト!なんですけどね…

いろいろと苦肉の策を考えてはいますが、最後の最後で、お客様の希望のカーテン類がつけられない!となってしまうのが、本当に気の毒。

計画段階からコーディネーターとして入っている現場だとエアコン位置や窓の網戸形状も話ながら進めていけるので、希望のものが付かない!ということは無くなるんですけどね。

なるべく依頼いただく工務店さんには、カーテン用下地含めフィードバックするのですが、「なんとかなるでしょ?」的に軽んじられているような気がします・・・(泣)

2016-10-03 | Posted in 窓のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment