古民家改装~梁の活かし方。天井の仕上げ方。


茨城のインテリアコーディネーター、コンフォートの迫間です^^

年末が押し迫って、バタバタとしていますが、ブログの更新もちょっとずつ間が空き・・・
反省しております^^;
いや、継続できるブロガーさん、スゴイ。

で、12月にお引渡しになる、古民家の改装現場の写真です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

またビフォーの写真を撮り損ねて、どんな風に変わったか説明できないんですが^^;

いわゆる続き和室に広縁のある、一般的な古民家の間取りでした。
お部屋が区切られていて、北側の暗く寒いところにキッチンがある・・・という。

構造上どうしても抜けない差鴨井があるものの、壁をとりはらい広々としたLDKになりました。
キッチンも、ペニンシュラ型のキッチンになり、明るくなりました^^
(キッチンはTOCLAS社製。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キッチンの横にはパントリー。
LDKとワンフロア―にした場合、収納する場所が無いとどうしても雑然としてしまいますから、
隠せる場所は重要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天井は、小梁をそのまま残し、杉板の天井材ははがして、
明るめのクロスを貼ることで天井が重すぎず、古民家の味わいを残してあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

玄関ホールは、もともと隠れていた梁をだし、天井を高く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トイレには、無垢材のカウンターと笠間焼の手洗いボウルで、古民家の雰囲気を盛り立てます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

比較的新しく増築してあった部分もあり、そちらの和室のリノベーション後。
解体したら天井が高くて、棟梁から建築化照明にする懐を作ったら良いのでは?と提案があり、
急遽、照明計画を変更。コーブ照明とダウンライトをご提案。
普通に仕上げる予定だった和室の照明が、カッコよくなりました♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ、年末お引渡しの現場もあり、アフターもあり、お打合せもあり、
来年着工の現場の段取り手配もあり、と「しなきゃ!」ということが満載なんですが、
プライベートでは、
大掃除も、年賀状書きも、いつするの?状態です^^;

あっという間に過ぎる、師走ですねぇ・・・

 

 

 

 

 

2016-12-21 | Posted in お客様事例No Comments » 

関連記事

Comment





Comment